「この仕事、成功するだろうか。」
「この恋、成就するかしら。」
「狙っているあのギャンブル、上手くいくだろうか」
etc.etc.


そんなあなたのピンポイントな問いにオールマイティに答を出し、アンラッキーな場合は運命改善策を提示してくれる占い、六 爻 占 術 ろっこうせんじゅつ
その六爻占術にチャレンジした不思議研究所所長・森田健は、株式投資で1億4千万円の利益を上げることにより、この占いの「的中率」「運命変更」「面白さ」を自分自身で体験し、これはホンモノだと確信していったのでした。

金運と健康運と占いに関するレポート六爻占術の詳しい内容は、金運と健康運と占いに関するレポートというレポートで知ることが出来ます。
「占いに興味がある方」は勿論のこと、
「自分の直感を確認したい」
「仕事運・金運を上げるのに色々チャレンジしたい」
「ツイてる私に変わりたい」
というあなたに読んでいただければと思います。
尚、このレポートは無料です。

レポートお申し込みの前に、以下の森田健からのメッセージもお読みいただけますでしょうか。


森田健からのメッセージ

世の中のことは最初から全て決まっていると言ったら信じられますか?
まさかと思われるかもしれません。
でも運命が決まっているからこそ、人は占って知ろうとします。そしてすでに決まっている運命を変えようとします。
実は私、森田健も、自分の運命が決まっているなどとは思っていませんでした。
でもその考え方は中国で出会った考古学者により見事にひっくり返されました。
彼は世に知られていなかった占い=六爻占術を発掘し、私に教えてくれたのです。

早速、私は六爻占術を使って株式を運用してみました。最初は半信半疑でした。
結果はどうだったでしょう。
なんと半年で8倍、総額1億7500万円(利益1億4000万円)にもなってしまったのです。証券会社のその支店での半年のパフォーマンス(利益率)は私が最高でした。
このことは私のホームページでリアルタイムに発表し、過去の記録として残してありますので、よろしかったらご覧になってください。

株で1億7500万円儲けたドキュメンタリー(1)
株で1億7500万円儲けたドキュメンタリー(2)

この時私が一番驚いたのは利益よりもなによりも「六爻占術の的中率」でした。

さらに「六爻占術は運命を変えられる」こともわかりました。
これは中国でのお話なのですが、ある女性は自分が大学院に入れるかどうかを占いました。
結果は合格と出たのですが、それと同時にお父さんが病気で亡くなるので大学院には行けないでしょうとも出てしまいました。なんと最悪の日まで出てしまったのだそうです。
彼女はこの不吉な内容に驚きましたが、それと同時に占いには彼女の運命の回避方法も出たのです。それは『8匹の白いうさぎを飼いなさい』というものでした。
まもなくお父さんが本当に重い病気に罹ったため、彼女は8匹の白いうさぎを飼いました。ついに最悪の日が来ました。ところがその朝、なんと8匹のうさぎが死んでおり、その日を境にお父さんの病気はどんどん快方に向かったのだそうです。
いま彼女は喜び勇んで大学院に通っています。

六爻占術は、本当にこれほどにも当たるものなのでしょうか?
自分で株式という体験はしましたが、さらにたくさんの事例を集め、なぜこの占いがこんなに当たるのかを一心不乱になって研究しました。そしてあることに気づいたのです。
私はその結果を30ページのレポートにまとめました。
かなり満足のいく内容だと思っています。
こんな書き出しです。


あなた様の金運と健康運のために是非ともお伝えしたいことがありまして、このレポートを作成いたしました。

さて、私・森田健は不思議なことを取材するため毎年のように中国を探検しています。
ある時から一人の考古学者が通訳になりました。考古学者ですから国中を歩くのが仕事です。まるでフーテンのトラさんのようなので私がトラさんと名づけました。
彼のことをもう少し詳しく書きたいと思います。

彼は、考古学の調査を行っているうちに古代中国の占いの古文書を発見しました。それは三枚のコインを投げて占うものでした。彼は1990年からその研究を始めました。
私と中国各地を歩く中、時々、彼に相談をする人が現われ始めました。そして少しばかりですが、謝礼を受け取ります。
私はそれを見て、
「トラさん、人をだましてお金を取ってはいけないよ…」
と言っていました。
 5年程前に中国に行ったとき、トラさんは言いました。
「今、株の講座をやっています」
「それは株式チャートとかを使ってですか?」
「いいえ、例の、コインを使っての占いでです」
私は不思議なことを研究するのが職業で、ものごとに対する先入観は少ない方だと思っています。
しかし…。
> 続きは実物でどうぞ。


占いのレポートは無料で、あなたに義務や負担はまったくありません。
「ぴーん」と来た方は、是非、ご請求なさって下さい
(日本国内にのみお送り可能です。海外ご在住の方は本当にごめんなさい…)